国内ニュース

【日韓便】LCC「ジップエア」が成田ーソウル便の運航へ動き出す!

新型コロナウイルス対策の入国制限措置をめぐり、8日から新たに韓国との間で、ビジネス関係者などの往来が再開します。こうした中、日本航空傘下の格安航空会社「ジップエア」は10月中にも成田空港と韓国のソウルとを結ぶ旅客便の運航を開始する方針です。

政府は入国制限措置の緩和の一環として8日から新たに韓国との間で、出張をはじめとする短期滞在者と駐在員など長期滞在者の双方のビジネス関係者に加え、教育関係者や留学生などを対象に往来を再開させます。

こうした中、日本航空が設立した国際線のLCC=格安航空会社の「ジップエア」は、10月中にも成田空港とソウルとを結ぶ旅客便の運航を開始する方針を決め、8日、認可の申請を韓国の航空当局に行うことが関係者への取材で分かりました。

ジップエアは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてことし5月に予定していた旅客便の就航の延期を余儀なくされ、6月から旅客機を貨物便に転用する形で貨物を輸送する異例の運航を続けてきました。

ジップエアの関係者は「一日も早く乗客を乗せた便を就航したい」と話しています。

引用元…NHK

本日8日より、日本ー韓国間をビジネス関係者、教育関係者、留学生などを対象とした往来の再開が始まった。それに伴い、日本航空(JAL)が設立したLCC(格安航空会社)の「ジップエア」が、成田ーソウル間の旅客便運航の申請を韓国側に申請中とのこと。予定では10月中には運航が再開される見込みだ。

しかしながら、航空会社のダメージは深刻

新型コロナウイルスの流行が世界中に広がり、視界不良の航空業界で、またまたショッキングなニュースが飛び込んできた。ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)が、退職金を割り増す希望退職者の募集や冬のボーナスを支給しないことなどを柱とする、大幅な人件費の削減案を労働組合に提示したという。 きょうの各紙が報じているが、読売は1面トップで「全日空、年収3割削減、労組に提案、冬ボーナスなし」、日経も1面で「ANA、希望退職を募集、給与カット、年収3割減」などと大きく取り上げている。それによると、新型コロナ感染拡大の影響で経営が悪化しているため、構造改革に本腰を入れるそうだ。人件費のカットでは、約1万5000人を抱える従業員の給与を年収の約3割近く減額し、冬季一時金もゼロにするほか、保有する機材の売却や不採算路線の見直しなど大胆なリストラにも踏み切る方針だという。 ANAホールディングスの4~6月期決算は旅客数の激減で、1088億円の最終赤字(前年同期は114億円の黒字)に転落した。4~7月の旅客数は国内線が前年同期比86.1%減、国際線は96.3%減と大幅に落ち込み、その後も減少が続いている。 内閣府が発表した8月の景気動向指数によると、景気の現状を示す基調判断は「下げ止まり」となり、13カ月ぶりに景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」を脱したという。だが、国内消費や設備投資には依然停滞感も強く実感はない。ANAの「冬のボーナスゼロ」が、明日は我が身となるかもしれない。

引用元…yahoo!JAPANニュース

新型コロナの影響で経営が悪化しており、ANAが冬のボーナスカットおよび人件費の削減案を労働組合に示しているほか、路線見直しや機材の売却などを行う方針。観光客の往来が全世界で可能となる日は少しずつ近づいてはいるものの、各航空会社はそれまで体力が持つのか…!? そして、観光客を目的とした往来が再開となれば需要は高くなると思われ、当然エアー代の価格は高くなることが予想されるので、利用者の負担面が大きくなることは不可避である。

わいポ王
やはり観光客が解禁された直後はエアー代が高そうじゃのー…

 

 

 

-国内ニュース

© 2021 わいわいカジノ&ポーカー速報